←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.01.25

「女性天皇」へ論議開始

小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が25日、初会合を開いた。
「皇位継承の安定的な維持」の観点から、女性天皇の可能性を探る方向で議論を進め
今年の秋をめどに報告書をまとめる予定。
これを受けて政府は皇室典範の法改正案を来年の通常国会にも提出したい考えだ。

今日までの125代の天皇はすべて男子。
そして、すべて男系の人物。
現行の皇室典範は皇位継承者を「男系の男子」に限定。
天皇の子孫でも女子や女系の子どもは継承資格がないのである。

女性天皇が誕生するのだろうか…
私としては女性でも問題は無いと思うが…

その時代その時代にあった、皇室典範の改正が必要となるのではないだろうか。


スポンサーサイト
2005.01.25

小泉首相が消費税の引き上げを検討

小泉首相は25日の参院本会議で、
社会保障制度を持続可能なものとすることは極めて重要な政治課題とし、
消費税の活用も当然検討の対象となると考えていると述べ、
消費税の引き上げを検討する考えを示したようだ。

一時は、首相在任中は消費税は上げないといっていたが、
年金や医療など社会保障の一体的見直しに絡んで、
財源として消費税の活用に言及することで、
社会保障改革の議論を進める考えを示したという。

谷垣財務相尾辻厚労相も消費税引き上げ論議を歓迎している。

財源の確保を今後どうするのか…
消費税で補う気なのか…

理由はどうあれ、国民の生活が将来的に苦しくなりそうだ…
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。