←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.02.09

魚釣島の灯台を日本の国有財産へ

日本固有の領土でありながら、中国が領有権を主張している東シナ海の尖閣諸島の、
魚釣島に設置された灯台の保守・管理権が政府に移管されることが分かった。

20050209190424.jpg



「尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も疑いはない」と
細田官房長官は発言しているが、中国側の反発は必至だろう…

そもそもこの尖閣諸島問題とはなんなのかというと、
1895年に日本が領土に編入したのがはじまり。
その後、国連アジア極東経済委員会が石油資源の可能性を指摘する報告書を出し、
台湾と中国が領有権を主張。
沖縄返還のときに、尖閣諸島の施政権が日本に戻り、
アメリカは領有権問題には中立の立場をとったため、解決に至らず…
その後日中の国交が回復し、小平が領土問題は先送りとか言いましたが、
日本側は領有問題の存在を否定。
日本の右翼団体が灯台を設置し、なぜか中国が抗議…

その後の日中新漁業協定も尖閣付近は対象外に…

そして領有権はあいまいに…

つまりアメリカが悪いのか??

沖縄返還時に明確な形で領土を指定しておけば、
今日のようなくだらない問題は起きなかったのではないだろうか…

韓国との竹島問題や北方領土…
そして中国の地下資源の勝手な開発…

国の利権がかかってるだけに、まだまだ解決には至っていませんね…

というより日本の弱腰外交に問題ありかもしれませんな(笑)

竹島など事実上占領されてるじゃないですか…

切手化されちゃったし…

どうなることやら…
注目したいのですが、
進展がなさそうなので忘れてしまいそうです(笑)


スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。