←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.02.13

対中国のODA削減、政府間で工程表策定へ

政府は、中国向け政府開発援助(ODA)の打ち切りへ向け、
段階的に削減を進めるための工程表を、中国との間で策定する方針を明らかにした。
中国側も協議には応じる方向だ。

日本は新規のODAを徐々に縮小・終了させる方針で、
終了の節目としては北京五輪上海万博が浮上している。

しかし、環境対策や人材育成などへの協力は続けるべきだとの意見もあるほか、
一方的な打ち切りは日中関係の悪化を招きかねないため、
政府は縮小・終了は中国側の理解を得た上で行う方針である。

しかし、日本の援助は中国国防費の4分の1を賄っているといってもいい。
今まで過去二十年間でODAや国際協力銀行の援助額はすでに6兆円を突破している…

ちなみに、
92年度の日本の援助総額は同じ年の中国国防費とほぼ同額である
つまり今は圧倒的に国防費が援助額を超えているのである…

もう明らかに援助は不必要!!

これ以上日本の援助で中国の国防費を賄っては困る!!

これからは我が日本がミサイル防衛のために資金が要るというのに…

中国向けのODAは早急に打ち切りにすべきであると私は考えます。

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。