←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.04.30

線路に置き石

兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、入院していた女性が死亡し、
この事故による死者が107人となった…

改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

ところでJRへの抗議運動であろうか、投石事件が相次いでいる…
27日午後、大阪府内で電車の線路上への置き石が2件あったほか、
兵庫県内で線路内に発煙筒らしきものが投げ込まれるなど、
いたずらとみられるトラブルが相次いだ。
午後3時25分ごろに大阪府貝塚市の南海電鉄踏切で、
同5時20分ごろには同市内のJR阪和線踏切で、
電車がそれぞれ線路上にあった石を砕いた。
午後9時32分ごろには、同県高砂市内の同線踏切付近で、
線路内に発煙筒らしき物が投げ込まれるのを電車の運転士が目撃。
一連のいたずらなどの影響で、JRでは上下計63本の電車が最高65分遅れた。
影響人員は計約25000人に上ったという…

さらに
線路に置き石 JR西日本大和路線

阪急・神戸線に置き石、会社員2人を逮捕

まったく悲しいことです。
悲惨な事故が起こった後にすぐ、このような愉快犯が現れるとは…
テロという可能性も否定できませんが、やり方が汚い…
このJRへの嫌がらせでまたもや大惨事が起こったらどうするつもりなのか…
まるで理解に苦しみます。

今回の福知山線脱線事故で、
私の大学の生徒も一人亡くなられました…
そのせいか、このような投石、置石などの行為には非常に怒りを覚えます。
一刻も早くやめていただきたい。

←よろしければ投票お願いします

スポンサーサイト
2005.04.27

JR福知山線脱線事故

兵庫県尼崎市のJR福知山線で25日朝、
快速電車が脱線した事故で、死者100人超に達するとのことである…
いまだに救出作業は終わっておらず。
生存者の一日も早い救出とともに、犠牲者のご冥福をお祈りいたします。

さて今回のこの事故の原因について色々と物議がかもされている…
置石という説やスピードの出しすぎという説…
結局はっきりとした原因はいまだ解明されていない…
どうやらスピードオーバーによる脱線転倒事故という形で終結しているようだが、
マスコミがこのように報道しているだけなので正式発表があるまでコメントは控えたい。
JR史上最悪の事故となってしまった今回の事件を決してあいまいにしてはならない…
それだけはマスコミやJRに言っておきたい。

改めて、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします…

一刻も早い事故の原因解明をお願いします。

←よろしければ投票お願いします

2005.04.24

日中首脳会談:形だけの関係改善

結局、謝罪の言葉はなかった…

インドネシア訪問中の小泉純一郎首相はジャカルタ市内で中国のと会談した。
中国側は「歴史を正しく認識し対処するために、反省を実際の行動に移してほしい」と要求。
一方、首相は中国での反日デモで邦人に負傷者が出たことを受け、
「再びこういうことが起こらないように、今後、適切に対処してほしい」と再発防止を求めたが、
謝罪や補償には言及しなかった。
そして胡錦濤国家主席は再発防止にはうなずいたが、
謝罪の言葉は結局なかった…

中国側への配慮のし過ぎが今回の結果を招いたのではないだろうか…
たしかに、日中両国の友好は大事である。
だが、先に起こったデモなどの反日行為の謝罪を求めないとは…
あまりにも中国を助けてあげたような気がする…
今、中国は反日デモの影響が世界各国に飛び火し、
非難を受け始めている…
中国政府は国の威信をかけて押さえ込みに躍起になっている。
このような状況において何故、とどめの一撃とも言うべき謝罪要求をしなかったのだろうか…
経済界に配慮?まぁ予想はできましたが…

結果的に中国側に有利に動いたとしか考えられない今回の首脳会談。
対日関係を発展させる方針を強調する一方、
「歴史問題と台湾問題での対応を通じ、中国人民とアジア人民の感情を傷つけた」と批判、
日本は反省すべきだとしている…
靖国神社参拝問題についても「歴史への反省を行動で」と注文を付けたという。
首相は「敵対より友愛の精神が日中に有益と確認した」と述べたが、
破壊行為への中国の反省がなく、注文を付けられるばかりでは…
今後の日中関係が良い方向へ向かうとは考えずらい…

結局、進展無く中国にしてやられたと言わざるを得ない…

配慮のし過ぎが国家の損失となっていることに首相は気づくべきだ。

←よろしければ投票お願いします
2005.04.23

「過去を反省、おわび」

ジャカルタを訪問中の小泉首相はアジア・アフリカ会議50周年の首脳会議で演説した。
植民地支配と侵略によって損害や苦痛を与えたアジア諸国などに
痛切な反省と心からのおわび」を表明するなど、
95年の村山首相談話に基づく歴史認識を改めて強調した。

予想通りというか当然のように中国のメディアは「おわびは謝罪ではない」として、
村上談話を踏襲しただけでは真実味に欠けるとしている。

さらに昨日、国連本部前の広場でニューヨークの中国系市民団体などが反日デモを行い、
日本の国連安全保障理事会常任理事国入りの阻止を訴えた。
 中国系市民団体代表は
歴史を反省しない日本が常任理事国になることに反対する」とする
アナン国連事務総長あての声明を読み上げ、
韓国系代表は「韓国と中国が力を合わせて阻止しよう」と呼びかけた。

歴史問題に関連して対日批判を繰り返す中国…
自国の歴史改竄を棚に上げているのではないかだろうか…
インドを訪問した温家宝首相は
国家が歴史に責任を負って初めて世界の人々から信任を得る」と述べたが、
文化大革命や天安門事件など中国自身が歴史改竄した例はいくらでもある。
なぜ自らの歴史を正視せず対日批判ばかりを繰り返すのだろうか…
中国に対する国民の不満を対外交渉に利用し、エネルギーの発散をさせている…
だが、これも放置すればいつかは中国にもデモの矛先が向けられるだろう。

さて、日中首脳が今夜会談する。
小泉首相は両国の友好発展が大局的に双方の利益になるとの考えを伝える予定だ。
中国側に反応はどうだろうか…
デモに対する謝罪は?

あまりは期待できないのだが…
47048.jpg



←よろしければ投票お願いします

2005.04.21

中国のせいだ…

テレビ朝日が4月18日の報道番組「報道ステーション」の中で、
香港の反日デモが暴徒化した、などと事実に反する報道をしたとして、
香港政府は20日、訂正を求める抗議文書をテレビ朝日に送付した。
香港では17日に5000人規模の反日デモが行われたが、混乱もなく終了した。

どうやら17日の中国広東省深センの暴徒化した若者の映像を
香港の反日デモと間違えたようである。
テレ朝は20日の番組で訂正と謝罪をした。

「間違えたのは中国のせいニダ!!
謝罪と賠償を要求するニダ!!」とウリナラたちなら叫んだだろう(笑)

結論:間違ったのは中国のせい(笑)

追記:先日、日ごろお世話になっていたwowowさんのブログ「うねり」が
中国当局により閉鎖に追いやられてしまわれました…
恐るべき中国当局です…
以前運営されていたブログで状況を語っていらっしゃいますが
復活の望みは薄いとのこと…
wowowさんサイトの早期復帰を望みます。


←よろしければ投票お願いします





2005.04.18

憐れ…

20050418205314.jpg

20050418205405.jpg


20050418205442.jpg


20050418205509.jpg

20050418205521.jpg

20050418205534.jpg


文句があるなら中国当局に言うんだな(笑)

←よろしければ投票お願いします

2005.04.18

謝罪せず事実を捏造

予想通り中国は謝罪などせず、日本を非難するばかりか、
捏造報道も展開し始めたようである。

中国中央TV「町村大臣が反省とおわび表明」と報じる

「町村外相が謝罪」新華社報道 過去の戦争の歴史で


1113743928138.jpg


1113822011916.jpg



町村外相は本当に謝罪をしたのだろうか…
なにぶん発表元が中国外務省なので信憑性がない…(笑)

だが、逆に考えてみれば
今後中国は日本に「歴史問題を謝罪してない」と言えなくなったのではないだろうか…
え?許してあげないって…(´・ω・`)

さて、今回の一連のデモについて中国からは結局謝罪の言葉は無かった…
「歴史問題が中国人民の感情を傷つけている」と、事実上デモを容認した…
あんまりにも予想通りだったのでコメントの仕様が無い…

今回の事件が2008年の北京五輪や
10年の上海万博の成功を目指す中国への国際社会の不信を増幅させ、
国際社会から孤立する結果へと導くかもしれない。

次に警戒すべきは5月4日…
日貨排斥運動の発端だ…

何かが起こるに違いない…

日本政府は今後どのような対応をとればいいのだろうか…

早急に考えなければ…

←よろしければ投票お願いします
2005.04.17

「愛国無罪」の暴走が止まらない…

中国最大の経済都市上海で16日、破壊行為を含む反日デモが起った。

上海反日デモに数万人 一部暴徒化、最大被害

上海で邦人2人が軽傷 デモ参加者に襲われる

20050417055101s.jpg


今回のデモは日系企業に大きな衝撃を与えた。
日系企業の中国進出が停滞することも予想され、
今後の対中戦略にも影響を与えることは必至だ。
日本だけでなく世界各国にも影響を与え、
オリンピックを控えた中国のイメージダウンにつながるだろう。

しかし問題はいまだに上海市から謝罪がなく
逆に歴史問題を持ち出して日本を非難している。
上海市はに基づいて、上海における外資企業や機関、個人の合法的権益を保護、
上海も市内の外国籍の人々の安全を保障しなければならないはずだ。
日本政府は北京の日本大使館が襲われ、
被害に対する謝罪と再発防止を要請したばかりである。
にもかかわらずデモ隊を放置し、
またも破壊活動を許した中国政府の責任を追及しなければならない!!
歴史問題を持ち出すことがデモを助長しているのではないだろうか。
中国政府はこのことを知っているはずだ、確信犯だ!!

本日17日も各地で反日デモ等が行われている。

日系企業工場で2000人スト 広東省

深センでも反日デモ

これ以上暴力行為が続けば日中の経済関係にも大きな打撃を与えてしまうだろう。
影響は日中だけではとどまらず、世界各国にも影響を与えるはずだ。
海外からの投資が急成長を続ける中国の資源のはずだ、
反日デモを続けることはそれらを失うことを中国政府は承知しているのだろうか…

それにしてもデモ情報が事前に十分察知されていたにもかかわらず、
未然に防止されることのないまま、暴行が行われた今回のデモ。

中国政府の反日感情の政治利用は明確である。
中国政府の姿勢を問いただし、是正を求めなければならない。

わかっていたのに防止策をとらなかった中国政府。
これが常任理事国の姿なのか…

日本の常任理事国入りに反対するのは別にかまわない、
だが、歴史問題を持ち出しデモを助長させ、
日本企業や大使館に被害を与えるということは違法である。
韓国を含め歴史問題の解決を急がなければならない。
日本政府も韓中両国に
この問題に対する明確な答えを用意することを迫られているのではないだろうか。

だが今回のデモ、日本製のカメラを持ち、日本製品敗訴を叫ぶ中国国民…
矛盾もいいところですね…
いい加減中国国民は中国政府にはめられているのに気づくべきです…

←よろしければ投票お願いします
2005.04.15

自国への不満を反日運動へ

韓国と中国で起きている激しい反日感情は、
韓国と中国が自国の失敗に対する憤りをそらすため、
国民を煽り立てたためだという米国人教授の寄稿が
英紙ファイナンシャルタイムズに掲載された。

米教授「韓中の反日デモ、自国の失敗から目をそらす目的」 (朝鮮日報)

この寄稿文には
「日本政府が第2次世界大戦中アジアで行なわれたすべての残虐行為に対し、
無条件的に謝罪し、日本の全ての教科書がこの残虐行為を記述したとしても、
中国の反日デモは中断しないだろう」と書いてあるとのこと。
もちろん韓国も同様だとしている♪♪

中韓両国のこのような態度はいずれ国際社会から孤立してしまう結果を生むだろう。

自国のためなら隣国を非難しても問題ない。

このような考えを早く捨て去ってほしいものです…

←よろしければ投票お願いします


2005.04.12

だからどうした

何がしたいのか分からない…

北極点でも「独島は韓国領土」 (朝鮮日報)

何故に北極点???

こないだの世界の人も「独島は韓国領土」以下のレベルだ…
なんでも対日圧力に利用しおって…

←よろしければ投票お願いします


2005.04.11

中国反日デモを巡る日中攻防戦

9~10日に中国で行われた反日デモを巡り日中の攻防が続いている。
反日デモに中国主要メディア沈黙 (読売新聞)

中国に責任ない!!

中国反日デモ 町村外相「破壊活動」外交日程見直しも (産経新聞)

1113096924779.jpg


--------------------------------------------------------------
反日なら何をしても良い。それが今の中国の方針のようだ。
このような破壊活動を止めようとしない警察官。
これが国連常任理事国なのだろうか…
町村外相は駐日大使に正式な損害の賠償や再発防止を要求したが、
駐日大使は安全確保以外については否定的な考えを示した。
「デモは人々の自発的行為だ」と…
さらに歴史問題などで日本側の努力が見られないことなどを理由として、
中国側に責任はないとしている。
中国国民によって被害を受けたのに責任がないとは!!
中国政府は反国家的な行動は厳しく取り締まっているが、
歴史問題などで対日圧力として利用するために反日デモは放置している…
日本政府はこのような中国の対応を認めてはならないはずだ。
さらに中国は
日本大使館の被害状況取材に集まった日本人記者団や海外のメディアに対し、
「安全確保」を理由に自由な取材を認めず
大使館側の許可を得て、施設に近付こうとする記者団を排除したのである。
北京オリンピックを控えているためだ。
国益を損なう報道は規制して、反日は黙認。
このような中国政府の対応に日本の政治家も反発している。

(自民党)武部幹事長「日本料理店などに危害を加えるのは断じて許されない。
まして日本の大使館に石を投げたりするのは
日本国を攻撃していると言っても過言ではない」

石原都知事「反日デモ、中国政府が仕向ける」「日本政府、我々の不満伝えるべき」

岡田さんはすこし妄言を言っておられたので削除(笑)

しかし問題は中国政府の言動を国際社会が認めてしまう危険があるということです。
日本もただ冷静に見守るだけではなく、自らの立場を鮮明に表明し、
国際社会に伝える必要があるのではないでしょうか。

←よろしければ投票お願いします


2005.04.09

大恥

世界にとって不幸… (朝鮮日報)

韓国にとっては不幸かもしれないが、世界すべてがそうは思っていないはずだ。
日本のODAなどの支援を当てにしている国などもいるのだから…
常任理事国入りに反対するのは勝手だが、世界を巻き込むな!!

そういや三日ぐらい前に歴史歪曲団が韓国から来てたな(笑)

050406k3.jpeg


歴史的教科書歪曲独島領有権主張軍国主義復活陰謀糾弾韓国大学生訪日代表団

名前長すぎ…

それからこんな人たちも来るみたいです(笑)

hitokotodCbCAH.jpg


工作船で入国されるのでしょうか…<丶`∀´> 

←よろしければ投票お願いします
2005.04.06

日本の教科書検定に干渉するウリナラ

来春から使われる中学教科書の検定結果が5日、文部科学省から発表された。
北朝鮮による拉致事件を取り上げたのは前回決定発表時は公民の1社だけだったが、
今回は歴史と公民の全社に登場した。
歴史では、「慰安婦」という文言は本文から姿を消したものの、
慰安婦を意味する記述は残るなど、まだまだ自虐的傾向は変わっていないようだ。

今回、韓国が批判している竹島の記述については
大阪書籍扶桑社東京書籍日本書籍新社などが取り上げた。
これらの出版社の記述について、韓国が反発している。

教科書わい曲、日本の良心勢力に期待かけたい (中央日報)

「独島は日本の領土」、とことん行く覚悟の日本教科書 (朝鮮日報)
もちろん中国も反発しているが、
韓国は対策チームを設け採択阻止運動を支援していく方針としている…
さらに中央日報の社説には日本の青少年にわい曲された歴史を教えようとしている
と論じられており、日本の市民社会と良心勢力がこうした事実を直視し、
結者解之(結んだ者がそれを解くべき=自分の過ちは自分で解決すべき、との意)
の心情から問題解決に努めなければならないとしている。

もう怒りを通り越して呆れるしかありません…
結者解之と中央日報は論じているが、
日韓基本条約はいったい何だったのですか!!
過去に背を向けているのは韓国の方でしょう。
今回の教科書検定は国家主権に属する問題のはずです。
韓国の行動は内政干渉に等しい。
教科書は各自治体が自らの判断で選択すべきものです。
すべての学校で扶桑社の教科書を使うわけではない…
それなのに韓国側の行動は度を過ぎているとしか考えられない…
このような韓国側の干渉が許されるわけがない!!

日本の各自治体はこのような外圧に負けず、
主体的な判断で教科書を選択してもらいたい。


結局、韓国は竹島の正しい歴史が日本の国民に知らされるのがまずいから
騒ぎまくっているだけなのでしょう…
都合が悪くなれば火病化…
このような国と友好関係を築けるはずがない…
日韓の未来は真っ暗ですね…

←よろしければ投票お願いします









2005.04.05

独島勉強

< `∀´>竹島について勉強するニダ 
外交部、「独島勉強」へ (中央日報)

盧大統領は「閣僚も、日本が植民支配時代に独島を侵奪した過程について、
きちんと知っていなければならない」とし
「とくに、外交部職員は、業務を直接担当するだけに、熟知すべき」だと話したという。
----------------------------------------------------------------------
外交部職員は歴史を知らなかったんだ…(笑)
今更歪曲な歴史を学ばせるとは…
必死だな(笑)

←よろしければ投票お願いします


2005.04.04

反日抗議行動 IN中国

中国広東省で日本の国連安保理常任理事国入りに反対する民間団体が集会を開き、
参加者が日系スーパーの看板などを壊す騒ぎに発展した。

常任理事国入りに反対、反日抗議が過熱 商店看板壊す (毎日新聞)

中国政府は集会やデモの開催を制限しているが、この日は、
警察官200人以上が警備に当たったものの、あまり目立たないようにしており、
黙認」している様子もうかがえたという…
集会は1時間ほどで終わり、その後、参加者は2か所に分かれてデモ行進を行った。
このうち、最大の標的となったのは、地元の日系スーパー「ジャスコ」で、
一部の参加者が店内に入り込もうとしたところ、
公安当局の武装警察官が出動して制止に当たった。
これに対して参加者の一部は警察官に物を投げつけるなどして一時騒然となった。
同省では広州市や東莞市などの省内6か所の都市で反対署名活動などが行われた。
ビールや携帯電話など日本製品に対する不買運動も起きているという…
中国四川省ではイトーヨーカドーが襲撃されました…

1112524308331.jpg


日系企業を破壊するより、ストライキをした方が効果あるのでは…(笑)

そんなことより中国は常任理事国のはずだ…
非常識理事国ではあるまい…
このようなデモを黙認して国家として恥ずかしくないのか…
日本との話し合いの場を設ける必要があると思うのだが…

国際政治とは感情ではなく利害関係が前提となる。
しかし日本の周囲には明らかに反日感情を出している国がいる…
このような状況の中で解決の道へはまだまだ進むことはできないだろう。

←よろしければ投票お願いします
2005.04.03

ローマ法王が死去

悲しいニュースがローマより伝えられた。
ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が日本時間3日午前4時37分に死去された。
法王は回復を祈る信者らの賛美歌が聞こえる中、静かに息を引き取ったという…
84歳だった。
後任の新法王は「コンクラーベ」と呼ばれる、枢機卿会の選挙で選出される。

法王はカトリック教会の過去の過ちを認めて次々と謝罪し、
他宗教との和解を追求し、26年間余の在位中、
精力的に世界中を旅し、日本を含む130以上の国・地域を訪問、
史上例のない「行動する法王」像を打ち立てた。
国際政治に深く関与し、イラク戦争に反対するなど国際舞台での発言も多かった。

天に召された法王のご冥福をお祈りいたします…

←よろしければ投票お願いします




2005.04.02

ペイオフが全面解禁

昨日よりペイオフが全面解禁された。
ペイオフとは金融機関が破綻した場合、預金などのうち、
元本1000万円を超える部分とその利息が一部カットされることがあるという意味である。
破たん金融機関の財産の状況によって、どのようにカットされるのかが決まる。
つまり、金融機関が破たんした時に、預金保険制度の全額保護対象から利息のつかない
当座預金や決済用預金を除いて普通預金がはずれ、
普通・定期預金などは合算して元本の1000万円までと利息だけしか保護されなくなる。
ただ、料金の支払いや振り込みなどの決済システムを維持するため、
利息のつかない決済用預金と当座預金は、今後も全額保護される。

ペイオフと解禁することにより、預金者は健全な金融機関を選別しようとし、
金融機関も緊張感を持って経営し、金融システムの効率化を目指すということである。

今回政府が全面解除に踏み切るのは、金融機関の不良債権処理が峠を越え、
金融システムが動揺する懸念が薄らいだ、と政府が判断したためである。
だが、金融は完全な健康体になっているとは思えない。
地方には依然、財務が不健全な金融機関があり、
ペイオフ解禁に向けての準備が整っているとはいいがたい…
今後も政府は金融機関に対し、健全化への取り組みを引き続き促していくべきである。

ペイオフは、預金者に自己責任を求めることになる
しかし「どの銀行が危ないのか」と不安の目で選別する状況は正常ではないはずである。
まだまだ全面解禁への準備は整っているとはいえない、
そんな中での今回のペイオフ解禁、
預金者の自己責任だけでは済まされない気がしてならない。

預金者の不安を解消すべく、
金融機関のトップは緊張感を持って経営に当たることが求められるだろう。

(我が家は嬉しいんだか悲しいんだか、関係があんまりない…)

←よろしければ投票お願いします



| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。