←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.04.06

日本の教科書検定に干渉するウリナラ

来春から使われる中学教科書の検定結果が5日、文部科学省から発表された。
北朝鮮による拉致事件を取り上げたのは前回決定発表時は公民の1社だけだったが、
今回は歴史と公民の全社に登場した。
歴史では、「慰安婦」という文言は本文から姿を消したものの、
慰安婦を意味する記述は残るなど、まだまだ自虐的傾向は変わっていないようだ。

今回、韓国が批判している竹島の記述については
大阪書籍扶桑社東京書籍日本書籍新社などが取り上げた。
これらの出版社の記述について、韓国が反発している。

教科書わい曲、日本の良心勢力に期待かけたい (中央日報)

「独島は日本の領土」、とことん行く覚悟の日本教科書 (朝鮮日報)
もちろん中国も反発しているが、
韓国は対策チームを設け採択阻止運動を支援していく方針としている…
さらに中央日報の社説には日本の青少年にわい曲された歴史を教えようとしている
と論じられており、日本の市民社会と良心勢力がこうした事実を直視し、
結者解之(結んだ者がそれを解くべき=自分の過ちは自分で解決すべき、との意)
の心情から問題解決に努めなければならないとしている。

もう怒りを通り越して呆れるしかありません…
結者解之と中央日報は論じているが、
日韓基本条約はいったい何だったのですか!!
過去に背を向けているのは韓国の方でしょう。
今回の教科書検定は国家主権に属する問題のはずです。
韓国の行動は内政干渉に等しい。
教科書は各自治体が自らの判断で選択すべきものです。
すべての学校で扶桑社の教科書を使うわけではない…
それなのに韓国側の行動は度を過ぎているとしか考えられない…
このような韓国側の干渉が許されるわけがない!!

日本の各自治体はこのような外圧に負けず、
主体的な判断で教科書を選択してもらいたい。


結局、韓国は竹島の正しい歴史が日本の国民に知らされるのがまずいから
騒ぎまくっているだけなのでしょう…
都合が悪くなれば火病化…
このような国と友好関係を築けるはずがない…
日韓の未来は真っ暗ですね…

←よろしければ投票お願いします









スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。