←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.04.23

「過去を反省、おわび」

ジャカルタを訪問中の小泉首相はアジア・アフリカ会議50周年の首脳会議で演説した。
植民地支配と侵略によって損害や苦痛を与えたアジア諸国などに
痛切な反省と心からのおわび」を表明するなど、
95年の村山首相談話に基づく歴史認識を改めて強調した。

予想通りというか当然のように中国のメディアは「おわびは謝罪ではない」として、
村上談話を踏襲しただけでは真実味に欠けるとしている。

さらに昨日、国連本部前の広場でニューヨークの中国系市民団体などが反日デモを行い、
日本の国連安全保障理事会常任理事国入りの阻止を訴えた。
 中国系市民団体代表は
歴史を反省しない日本が常任理事国になることに反対する」とする
アナン国連事務総長あての声明を読み上げ、
韓国系代表は「韓国と中国が力を合わせて阻止しよう」と呼びかけた。

歴史問題に関連して対日批判を繰り返す中国…
自国の歴史改竄を棚に上げているのではないかだろうか…
インドを訪問した温家宝首相は
国家が歴史に責任を負って初めて世界の人々から信任を得る」と述べたが、
文化大革命や天安門事件など中国自身が歴史改竄した例はいくらでもある。
なぜ自らの歴史を正視せず対日批判ばかりを繰り返すのだろうか…
中国に対する国民の不満を対外交渉に利用し、エネルギーの発散をさせている…
だが、これも放置すればいつかは中国にもデモの矛先が向けられるだろう。

さて、日中首脳が今夜会談する。
小泉首相は両国の友好発展が大局的に双方の利益になるとの考えを伝える予定だ。
中国側に反応はどうだろうか…
デモに対する謝罪は?

あまりは期待できないのだが…
47048.jpg



←よろしければ投票お願いします

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。