←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.05.07

盧大統領 竹島・歴史認識に不満

自民党の武部勤、公明党の冬柴鉄三両幹事長がソウル市内の青瓦台で、
韓国の盧武鉉大統領と会談した。
この表敬訪問の目的は小泉総理の親書を渡すことであり、
悪化が進む日韓関係を配慮して特使の性格を帯びていた。
今回の会談は6月に予定されている日韓首脳会談の地ならしになったとのこと。

会談の中で盧武鉉大統領は
「韓国国民は新しい謝罪と反省を求めているのではなく
過去に行なった謝罪と反省に見合った、行動の実践を望んでいる」と述べた。
さらに独島、歴史教科書、靖国神社参拝問題などを
韓日関係の暗礁」と呼び、
「この暗礁を取り除かなければ、両国関係は再び暗礁に乗り上げるだろう」と述べた。
これに対して武部幹事長は教科書や竹島問題は、
「日本の検定や地方自治システムの問題だ」と説明すると、
大統領は、「システムの問題とするのは適切ではない。
歴史教育は学問の自由の領域ではなく、政府の責任の領域だ」との見解を表明した。
さらに、「様々な問題で不安を抱えながら、日韓両国はバランスを保ってきたが、
自分が政権についてから、
日本側がこのバランスを崩してきたことを認識してもらいたい

と語ったとのことである。
ちなみに総理の「反省」演説については大変意義があるとして評価しながらも、
「日本で歴史認識に関する問題が繰り返される状況の中での謝罪は、
真の意味の謝罪でないと受け止めざるを得ない」と述べた。

20050507114752.jpg


(引用先)
「過去の謝罪と反省、行動で実践を」盧大統領が日本与党幹事長を接見 (朝鮮日報

盧大統領 竹島・歴史認識に不満 (産経新聞)

韓国大統領、厳しい口調で歴史問題の対応迫る (読売新聞)
------------------------------------------------------------
相変わらずのわかりきった韓国の言い分なので面白くなかった…(笑
歴史教科書と靖国問題は明らかな内政干渉。
そして竹島問題は国際司法裁判所で決着をつければいいじゃないですか!!
そこでの解決を拒否している韓国が何を言うか!!
理解に苦しむ…

それに自分が政権についてから日本側がバランス崩したというが、
3月1日の宣戦布告とも取れる独立運動記念日演説はどう説明するのか…
あの時たしか謝罪と賠償を求めてましたよね…
前言撤回ですか(笑)
竹島の日に対抗する対馬の日…
歴史教科書問題は明らかな内政干渉…
だいたい日本は国定教科書じゃないのですから…

ともかく双方の見解は平行線をたどったままで何の進展もなかったということである。
6月に行われるであろう日韓首脳会談で
そこで小泉タンが馬鹿なことを言わないかが心配です…

日韓歴史共同研究委員会の報告書も気になるところです。

←よろしければ投票お願いします








スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。