←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.08.10

法案反対の小林議員の東京10区に小池氏擁立へ

自民党は、郵政民営化関連法案に反対した小林興起前衆院議員(亀井派)が
次期衆院選で立候補する東京10区に、小池百合子環境相を擁立する方針を固めた。
同党は小林氏ら法案に反対した37人全員を公認しない方針を既に決定。
小泉純一郎首相は全選挙区に対立候補を立てるよう指示しており、
小池氏擁立はその第1弾となる。
小池氏は同じ政党の候補と交互に同一選挙区から立候補する「コスタリカ方式」により、
前回は近畿ブロックから当選。今回は兵庫6区から立候補する予定だった。
東京10区への小池氏擁立はその知名度の高さを買ったもの。
今後、小選挙区の公認調整で、比例代表に回っている前議員を
「郵政造反組」の対抗馬にあてる動きがほかにも出てくる可能性がある。
 

もう選挙戦に入ってしまったので、
今後は選挙戦における各党の動きを中心に追って行きたいと思う。

「造反組」に対する刺客の一人目として小池百合子環境相が今回選ばれた。
地名度も高く、女性でテレビうけもいいからだろう。
参議院議員を担ぎ出す手段も今後考えられる。

造反組に対する公認拒否は当然のことと私は思う。
郵政民営化の是非をきっかけとする解散なのだから、
賛成した人と反対した人をきっちりと色分けして、
自民党内のねじれを正すことできっちりとした形になる。
国民にもその方が判断しやすいはずである。
これをうやむやにしてしまうと何のために解散したのかわからない。
小泉首相は「解散は自民党の抵抗勢力をぶっつぶすチャンスだ」と言っている。
造反組の対立候補を立てることで国民に選択肢を与えているのだ。

一方の造反組はやや腰砕けとなっているようにもみえる。
綿貫民輔元衆院議長は「あくまでも自民党を愛している。自民党で頑張っていきたい」と語り、
亀井静香元政調会長も「自民党公認候補で選挙をやりたい」「まさか解散するとは……」
と愚痴をこぼすようでは弱音を吐いているように見える。
他の造反組も、公認がだめなら無所属で出馬するとしている。

一方、衆院採決で棄権した古賀誠元幹事長は郵政民営化に賛成の意を表し、
自民党公認で出馬することが決まった。
まぁ彼は人権擁護法案の方が郵政民営化よりも大事ですからね…
他にも棄権した北村直人前衆院議員が賛成の意向を示し、公認となった。

造反組に対する報復処置が次々と行われている今回の選挙戦。
今後の各党の動きにも注目していきたいと思います。


スポンサーサイト
2005.08.10

長崎60回目の原爆忌

長崎は9日、60回目の原爆の日を迎えた。長崎市松山町の平和公園では、
被爆者や遺族のほか小泉純一郎首相が参列し
「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。
伊藤一長市長は平和宣言で、核抑止力に固執する核保有国の姿勢に強い憤りを示し、
平和に向けた若い世代への期待を表明。
犠牲者に祈りをささげ、核廃絶への決意を新たにした。
 

昨日で長崎に原爆が投下されてから60年が経った。
衆議院が解散されたため、記事扱いが例年より薄かったのが残念である。

伊藤市長の言葉にもあるように、若い世代が頑張らなくてはならない。
被爆者や戦争体験者の言葉に耳を傾け、この惨劇を二度と繰り返さないよう、
世界に訴えていかなければいけない。

小泉首相は「高齢化する被爆者の実情に配慮し、在外被爆者への支援も含め、
援護策の推進に誠心誠意努力する」と述べた。

日本国民が一丸となって核廃絶をあきらめずに世界へ訴えていかなければならない。

そのためにはまず日本国民が被爆による苦しみを知らなければならないはずだ。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。