←友人の色麻さんのサイト
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】
2005.04.18

憐れ…

20050418205314.jpg

20050418205405.jpg


20050418205442.jpg


20050418205509.jpg

20050418205521.jpg

20050418205534.jpg


文句があるなら中国当局に言うんだな(笑)

←よろしければ投票お願いします

2005.04.18

謝罪せず事実を捏造

予想通り中国は謝罪などせず、日本を非難するばかりか、
捏造報道も展開し始めたようである。

中国中央TV「町村大臣が反省とおわび表明」と報じる

「町村外相が謝罪」新華社報道 過去の戦争の歴史で


1113743928138.jpg


1113822011916.jpg



町村外相は本当に謝罪をしたのだろうか…
なにぶん発表元が中国外務省なので信憑性がない…(笑)

だが、逆に考えてみれば
今後中国は日本に「歴史問題を謝罪してない」と言えなくなったのではないだろうか…
え?許してあげないって…(´・ω・`)

さて、今回の一連のデモについて中国からは結局謝罪の言葉は無かった…
「歴史問題が中国人民の感情を傷つけている」と、事実上デモを容認した…
あんまりにも予想通りだったのでコメントの仕様が無い…

今回の事件が2008年の北京五輪や
10年の上海万博の成功を目指す中国への国際社会の不信を増幅させ、
国際社会から孤立する結果へと導くかもしれない。

次に警戒すべきは5月4日…
日貨排斥運動の発端だ…

何かが起こるに違いない…

日本政府は今後どのような対応をとればいいのだろうか…

早急に考えなければ…

←よろしければ投票お願いします
2005.04.17

「愛国無罪」の暴走が止まらない…

中国最大の経済都市上海で16日、破壊行為を含む反日デモが起った。

上海反日デモに数万人 一部暴徒化、最大被害

上海で邦人2人が軽傷 デモ参加者に襲われる

20050417055101s.jpg


今回のデモは日系企業に大きな衝撃を与えた。
日系企業の中国進出が停滞することも予想され、
今後の対中戦略にも影響を与えることは必至だ。
日本だけでなく世界各国にも影響を与え、
オリンピックを控えた中国のイメージダウンにつながるだろう。

しかし問題はいまだに上海市から謝罪がなく
逆に歴史問題を持ち出して日本を非難している。
上海市はに基づいて、上海における外資企業や機関、個人の合法的権益を保護、
上海も市内の外国籍の人々の安全を保障しなければならないはずだ。
日本政府は北京の日本大使館が襲われ、
被害に対する謝罪と再発防止を要請したばかりである。
にもかかわらずデモ隊を放置し、
またも破壊活動を許した中国政府の責任を追及しなければならない!!
歴史問題を持ち出すことがデモを助長しているのではないだろうか。
中国政府はこのことを知っているはずだ、確信犯だ!!

本日17日も各地で反日デモ等が行われている。

日系企業工場で2000人スト 広東省

深センでも反日デモ

これ以上暴力行為が続けば日中の経済関係にも大きな打撃を与えてしまうだろう。
影響は日中だけではとどまらず、世界各国にも影響を与えるはずだ。
海外からの投資が急成長を続ける中国の資源のはずだ、
反日デモを続けることはそれらを失うことを中国政府は承知しているのだろうか…

それにしてもデモ情報が事前に十分察知されていたにもかかわらず、
未然に防止されることのないまま、暴行が行われた今回のデモ。

中国政府の反日感情の政治利用は明確である。
中国政府の姿勢を問いただし、是正を求めなければならない。

わかっていたのに防止策をとらなかった中国政府。
これが常任理事国の姿なのか…

日本の常任理事国入りに反対するのは別にかまわない、
だが、歴史問題を持ち出しデモを助長させ、
日本企業や大使館に被害を与えるということは違法である。
韓国を含め歴史問題の解決を急がなければならない。
日本政府も韓中両国に
この問題に対する明確な答えを用意することを迫られているのではないだろうか。

だが今回のデモ、日本製のカメラを持ち、日本製品敗訴を叫ぶ中国国民…
矛盾もいいところですね…
いい加減中国国民は中国政府にはめられているのに気づくべきです…

←よろしければ投票お願いします
2005.04.15

自国への不満を反日運動へ

韓国と中国で起きている激しい反日感情は、
韓国と中国が自国の失敗に対する憤りをそらすため、
国民を煽り立てたためだという米国人教授の寄稿が
英紙ファイナンシャルタイムズに掲載された。

米教授「韓中の反日デモ、自国の失敗から目をそらす目的」 (朝鮮日報)

この寄稿文には
「日本政府が第2次世界大戦中アジアで行なわれたすべての残虐行為に対し、
無条件的に謝罪し、日本の全ての教科書がこの残虐行為を記述したとしても、
中国の反日デモは中断しないだろう」と書いてあるとのこと。
もちろん韓国も同様だとしている♪♪

中韓両国のこのような態度はいずれ国際社会から孤立してしまう結果を生むだろう。

自国のためなら隣国を非難しても問題ない。

このような考えを早く捨て去ってほしいものです…

←よろしければ投票お願いします


2005.04.11

中国反日デモを巡る日中攻防戦

9~10日に中国で行われた反日デモを巡り日中の攻防が続いている。
反日デモに中国主要メディア沈黙 (読売新聞)

中国に責任ない!!

中国反日デモ 町村外相「破壊活動」外交日程見直しも (産経新聞)

1113096924779.jpg


--------------------------------------------------------------
反日なら何をしても良い。それが今の中国の方針のようだ。
このような破壊活動を止めようとしない警察官。
これが国連常任理事国なのだろうか…
町村外相は駐日大使に正式な損害の賠償や再発防止を要求したが、
駐日大使は安全確保以外については否定的な考えを示した。
「デモは人々の自発的行為だ」と…
さらに歴史問題などで日本側の努力が見られないことなどを理由として、
中国側に責任はないとしている。
中国国民によって被害を受けたのに責任がないとは!!
中国政府は反国家的な行動は厳しく取り締まっているが、
歴史問題などで対日圧力として利用するために反日デモは放置している…
日本政府はこのような中国の対応を認めてはならないはずだ。
さらに中国は
日本大使館の被害状況取材に集まった日本人記者団や海外のメディアに対し、
「安全確保」を理由に自由な取材を認めず
大使館側の許可を得て、施設に近付こうとする記者団を排除したのである。
北京オリンピックを控えているためだ。
国益を損なう報道は規制して、反日は黙認。
このような中国政府の対応に日本の政治家も反発している。

(自民党)武部幹事長「日本料理店などに危害を加えるのは断じて許されない。
まして日本の大使館に石を投げたりするのは
日本国を攻撃していると言っても過言ではない」

石原都知事「反日デモ、中国政府が仕向ける」「日本政府、我々の不満伝えるべき」

岡田さんはすこし妄言を言っておられたので削除(笑)

しかし問題は中国政府の言動を国際社会が認めてしまう危険があるということです。
日本もただ冷静に見守るだけではなく、自らの立場を鮮明に表明し、
国際社会に伝える必要があるのではないでしょうか。

←よろしければ投票お願いします


前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。